クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



FLAC データベース>>>Top

カラヤン オーケストラ ショーピース


カラヤン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1958年~1960年録音をダウンロード


カラヤン オーケストラ・ショーピース



今の時代に、こんなアルバムを作って売れる人っているんでしょうか?
おそらく、こういう録音が売れるためには、クラシック畑以外の人にも注目を浴びるだけのスター性がないと駄目なんだと思いますが、残念ながらそういう人は今の時代には存在しないですね。

そう言えば、アダージョ・カラヤンというCDが何百万枚も売れて、柳の下のドジョウをねらって同じようなCDが企画されたのですが、カラヤン以外はさっぱりだったみたいですね。
良くも悪くも、そこがカラヤンの凄さなんでしょうね。

<収録作品>
シベリウス:フィンランディア
シベリウス:悲しきワルツ
シャブリエ:狂詩曲『スペイン』
シャブリエ:楽しい行進曲
J.シュトラウス:ラデツキー行進曲
グラナドス:『ゴイエスカス』間奏曲
ワルトトイフェル:スケーターズワルツ
ヴェルディ:『椿姫』第3幕への前奏曲
オッフェンバック:ホフマンの舟歌
プッチーニ:『マノンレスコー』間奏曲
リスト:ハンガリー狂詩曲第2番
ウェーバー:舞踏への招待
J.シュトラウス?世:雷鳴と稲妻

レガート・カラヤンとは別人ですね

実にスッキリとした造形で作品の持ち味を上手く描き分けています。後の時代のレガートがかかりすぎたドーピング状態の演奏とは全く異なります。
それにしても、彼はどうしてこのスタイルを生涯貫かなかったのでしょうか?

それとも、未だに私の中に「アンチ・カラヤン」の亡霊がひそんでいて、それがレガートをしまくるカラヤン美学を理由もなく拒否させているのでしょうか。意外と、最初に刷り込まれた「意識」というのは強いですから、今一度虚心坦懐に聴き直してみることにしました。

何がいいかと思って、あれこれ探してみて、69年8月5日にアルビノーニのアダージョやパッヘルベルのカノン等を録音したアルバムを引っ張り出してきました。
そして、一切の先入観なしに、虚心坦懐に聞いてみました・・・。

しかし、最初の数秒で、腰が砕けそうになってしまいました。
そりゃぁ、あのケーゲルがピストル自殺をする直前に録音したアルビノーニのアダージョと比べるのは間違っているでしょう。しかし、この厚化粧のヘタレタ雰囲気はどうにも我慢ができません。同じ小品集でも、この58年から60年にかけて録音された演奏とは全く別人です。そして、私は、この50年代から60年代初めの頃のカラヤンは大いに評価しますが、レガートをかけまくるスタイルに変わってからのカラヤンは未だに受け入れることはできないようです。
とは言え、人は変わるものです。
あと数年もすれば、レガートのカラヤンもいいものだ・・・等といっているかもしれません・・・って、そりゃぁ、ないでしょうな(^^;。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)