クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



FLAC データベース>>>Top

ベートーベン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.73 「皇帝」


(P)ルービンシュタイン クリップス指揮 シンフォニー・オブ・ジ・エア 1956年12月14日録音をダウンロード


演奏者の即興によるカデンツァは不必要



ピアノ協奏曲というジャンルはベートーベンにとってあまりやる気の出る仕事ではなかったようです。ピアノソナタが彼の作曲家人生のすべての時期にわたって創作されているのに、協奏曲は初期から中期に至る時期に限られています。
第5番の、通称「皇帝」と呼ばれるこのピアノコンチェルトがこの分野における最後の仕事となっています。

それはコンチェルトという形式が持っている制約のためでしょうか。
これはあちこちで書いていますので、ここでもまた繰り返すのは気が引けるのですが、やはり書いておきます。(^^;

いつの時代にあっても、コンチェルトというのはソリストの名人芸披露のための道具であるという事実からは抜け出せません。つまり、ソリストがひきたつように書かれていることが大前提であり、何よりも外面的な効果が重視されます。
ベートーベンもピアニストでもあったわけですから、ウィーンで売り出していくためには自分のためにいくつかのコンチェルトを創作する必要がありました。

しかし、上で述べたような制約は、何よりも音楽の内面性を重視するベートーベンにとっては決して気の進む仕事でなかったことは容易に想像できます。
そのため、華麗な名人芸や華やかな雰囲気を保ちながらも、真面目に音楽を聴こうとする人の耳にも耐えられるような作品を書こうと試みました。(おそらく最も厳しい聞き手はベートーベン自身であったはずです。)
その意味では、晩年のモーツァルトが挑んだコンチェルトの世界を最も正当な形で継承した人物だといえます。
実際、モーツァルトからベートーベンへと引き継がれた仕事によって、協奏曲というジャンルはその夜限りのなぐさみものの音楽から、まじめに聞くに値する音楽形式へと引き上げられたのです。

ベートーベンのそうのような努力は、この第5番の協奏曲において「演奏者の即興によるカデンツァは不必要」という域にまで達します。

自分の意図した音楽の流れを演奏者の気まぐれで壊されたくないと言う思いから、第1番のコンチェルトからカデンツァはベートーベン自身の手で書かれていました。しかし、それを使うかどうかは演奏者にゆだねられていました。自らがカデンツァを書いて、それを使う、使わないは演奏者にゆだねると言っても、ほとんどはベートーベン自身が演奏するのですから問題はなかったのでしょう。
しかし、聴力の衰えから、第5番を創作したときは自らが公開の場で演奏することは不可能になっていました。
自らが演奏することが不可能となると、やはり演奏者の恣意的判断にゆだねることには躊躇があったのでしょう。

しかし、その様な決断は、コンチェルトが名人芸の披露の場であったことを考えると画期的な事だったといえます。

そして、これを最後にベートーベンは新しい協奏曲を完成させることはありませんでした。聴力が衰え、ピアニストとして活躍することが不可能となっていたベートーベンにとってこの分野の仕事は自分にとってはもはや必要のない仕事になったと言うことです。
そして、そうなるとこのジャンルは気の進む仕事ではなかったようで、その後も何人かのピアノストから依頼はあったようですが完成はさせていません。

ベートーベンにとってソナタこそがピアノに最も相応しい言葉だったようです 。

他人の話はあてにならない

ルービンシュタイン、ベートーベンのピアノ協奏曲と並べてみれば、誰しもが連想するのが最晩年に録音したバレンボイムとの演奏でしょう。この録音は不思議なことに評論家筋の評判はいたってよろしくない。ところが、レコ芸のリーダーズ・チョイスなどでは必ず上位に食い込んでくるのです。
これに限ったことではないのですが、ルービンシュタインと言えば、60年代以降のステレオ録音を持って語られることが一般的です。そして、そう言う一連の録音を「一音一音を愛おしむように演奏している」と好意的に受け取れる人はルービンシュタインにも好意的になれるのですが、「あのつまらないステレオ録音の人」と判断してしまう人にとっては「チェックに値しない」という不幸な事になってしまうのです。
どうやら、ごく普通のクラシック音楽ファンはルービンシュタインのステレオ録音を好意的に受け入れていたのに対して、評論家筋の人はチェックに値しないと切って捨てていたようです。

いつも言っていることですが、これは実に不幸なことです。
新録音がでれば、それは旧の録音よりすぐれていることにしないと売れません。
「年老いたルービンシュタインによる新録音登場!!」では売れないので、あれこれの「言葉のマジック」を駆使して持ち上げることになるのですが、一番困るのは、その新録音の登場によって旧録音が廃盤になってしまうことです。そして、その結果として最晩年の録音によって多くの演奏家は評価され、死んだ後もその評価が固定してしまうことです。

ですから、パブリックドメインの中から、そのような「固定」してしまった評価を覆せるような録音を見つけ出すことは管理人にとっての最大の喜びです。

ルービンシュタインは、ベートーベンの協奏曲を3回録音しています。



この中で、クリップス&シンフォニー・オブ・ジ・エアとの録音は「凡庸な演奏」として切って捨てられていて、その存在自体がほとんど知られていませんでした。何故に、凡庸な演奏と評価されたのかと言えば、それはアメリカの高名な評論家がそのように切って捨てたからです。
しかし、あれこれ調べてみると、日本ではそれほどの酷評はなかったようです。しかしながら、ラインスドルフとの録音がリリースされると静かに主役の座を明け渡し、さらにバレンボイム盤が登場すると記憶からも消え去っていくことになりました。

切って捨てたアメリカの高名な評論家は、クリップスの指揮がベートーベンを演奏する指揮者としては凡庸の極みだと酷評していたそうです。そんなこともあって、正直に申し上げると、それほどの期待もなく、「集中試聴」のために「義務感」のおかげで(^^;、順番に第1番から聞き始めただけでした。

聞き始めてまず驚いたのは、ステレオ録音だったことです。56年のRCA録音ですから、これは考えてみれば当然です。
しかし、冒頭のオケの響きが実に素晴らしくて、「これのどこが凡庸極まるベートーベンなの?」って感じです。そして、その立派なオケの響きに導かれてルービンシュタインのピアノが入ってくると、その素晴らしくも強靱な響きに度肝を抜かれました。ただし、これは既にショパンのマズルカやノクターンを聴いていたので、ある程度は予想し、楽しみにもしていたことです。そして、その予想ははるかに高いレベルで現実のモノとなっていました。
もしも、あのバレンボイム盤でルービンシュタインというピアニストを評価していた人がいるならば、是非とも聞いてほしい録音だなぁと思いました。

しかし、何よりも素晴らしいのは、オケとピアノのバランス感覚です。

この録音は明らかに主導権はルービンシュタインの方にあります。
オケがピアノの響きを妨げるような場面は一瞬としてありません。しかしながら、オケが前面に出て主役となる場面では実に堂々たる響きを聞かせてくれます。
当然のことながら、このバランスの保持は全てクリップスによって行われています。ルービンシュタインは自分の興が趣くままに好き勝手、自由に演奏していて、そう言うわがままなピアノに対して「これしかない」と言うほどの絶妙なバランス感覚でオケをコントロールしているのは指揮者であるクリップスです。
そして、考えてみれば、これは56年の録音ですから、音量のバランスを後から調整することなどはほとんど不可能だったはずです。この絶妙のバランスは絶対に「録音によるマジック」ではありません。
怖れずに言いきってしまえば、ピアノ協奏曲におけるピアノとオケのバランスの取り方の理想がここにあります。

それにしても、このクリップスの指揮のどこをどのように聞けば、「ベートーベンを演奏する指揮者としては凡庸」などと切って捨てられたのでしょう。
さらに言えば、トスカニーニが引退することで「NBC交響楽団」から「シンフォニー・オブ・ジ・エア」となったオケも、未だに高いレベルを維持していることが分かります。

だから、他人の話なんてのはあてにならないのです。
最初は「義務的」に聞き始めたこの全集の試聴は、一転して、久しぶりに味わうスリリングな体験へと転化して、一気に第5番の「皇帝」まで聞き通しました。
個人的な感想としては、1番と5番がひときわ面白く聞くことができましたが、他の作品も全て高い水準の演奏であることは間違いありません。
これほど直線的で透明感があり、そして男性的な力感にも不足しない演奏はそうそう聴ける物ではありません。

これはどうやら、50年代にルービンシュタインは、隅から隅までチェックする必要がありそうです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)