クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


FLAC データベース>>>Top

グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16

(P)ルービンシュタイン ウォーレンステイン指揮、RCAビクター交響楽団 1956年2月11日録音



G! GisでなくG!

 この作品はグリーグが初めて作曲した、北欧的特徴を持った大作です。1867年にソプラノ歌手のニーナと結婚して、翌年には女児アレキサンドラに恵まれるのですが、そのようなグリーグにとってもっとも幸せな時期に生み出された作品でもあります。
 この作品は今日においても、もっともよく演奏されるピアノ協奏曲の一つですが、初演当時からも熱狂的な成功をおさめるとともに、1870年にはグリーグが持参した手稿を初見で演奏したリストによって激賞される(「G! GisでなくG! これが本当の北欧だ!」)という幸せな軌跡をたどった作品でもあります。

 グリーグは晩年にもう一曲、ロ短調の協奏曲を計画しますが、健康状態がその完成を許さなかったために、その代わりのようにこの作品の大幅改訂を行っています。この改訂で楽器編成そのものも変更され、スコアそのものもピアノのパートで100カ所、オーケストレーションで300前後の変更が加えられました。(管野浩和氏の解説の受け売りです・・・^^;)
 現在一般的に演奏される出版譜はこの改訂稿に基づいていますから、私たちがよく耳にする協奏曲と、グリーグを一躍世界的作曲家に押し上げた初稿の協奏曲とではかなり雰囲気が異なるようです。

4年も塩漬けになっていた録音


アラウの演奏を追加した後に、そう言えばルービンシュタインの録音もあったことを思い出しました。そして、こちらもまた調べてみて驚きました。何と、1956年に録音したにもかかわらず、何故か初出が1960年なのです。
この時代の大物による録音としては、異例の塩漬け期間の長さです。

しかし、これもまた、聞いてみてその訳が納得いきました。
つまりは、ルービンシュタインのピアノがあまり「よろしくない」のです。
ただし、その「よろしくない」というのは、直前にアラウのピアノを聞いたためでもあります。

アラウのピアノの素晴らしい響き、そして精緻極まる作品の造形、そういう物を聞いた後では、このピアノはあまりにも無造作で荒っぽい感じがしてしまいます。
ただし、アラウよりは1年も前に録音されているのに、こちらはステレオ録音です。サポートするオケの魅力はそう言う録音のクオリティを差し引いても数段こちらの方が上です。「ウォーレンステイン指揮 RCAビクター交響楽団」という、いかにもオケ伴ですという雰囲気が漂うクレジットなのですが、意外なほどにいいです。
しかし、肝心のピアノに関しては、ルービンシュタインの持っている美質が上手く発揮されていない感じがします。
おそらく、その事はルービンシュタイン自身も感じていたのかもしれません。そして、その事が4年という長期の塩漬け期間に結びついたのでしょうか。

しかしながら、この演奏を聴いていてもう一つ感じたのは、やはりルービンシュタインというのは現場型の人だという思いです。
アラウが叙情を精緻に積み重ねて情念に至るとすれば、ルービンシュタインはそんな悠長なことはしていません。いや、そんな悠長なことをしてれば聴衆は厭きてしまうかもしれません。ですから、彼は直裁にピアノの響きに情念を込めます。
おそらく、それがこの時代のアメリカなのでしょう。
ホロヴィッツの「音のサーカス」も、基本的な立ち位置は同じです。

ただ、残念なのは、ここではその情念が空回りしてしまっています。
協奏曲というのは、なかなかに全てがそろうのは難しいようです。