クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



FLAC データベース>>>Top

J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ 第6部 顕現節「主よ、おごれる敵の迫り来る時」

カール・リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団・合唱団 (S)グンドゥラ・ヤノヴィッツ (A)クリスタ・ルートヴィヒ (T)フリッツ・ヴンダーリヒ (Bass)フランツ・クラス 1965年2月、3月&6月録音


  1. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:1.Coro - Herr, Wenn Sie Stolzen Feinde Schnauben]
  2. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:2.Recitativo (Evangelist, Herodes) - Da Berief Herodes Die Weisen Heimlich]
  3. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:3.Recitativo (Soprano) - Du Falscher, Suche Nur Den Herrn Zu Fallen]
  4. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:4.Aria (Soprano) - Nur Ein Wink Von Seinen Handen]
  5. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:5.Recitativo (Evangelist) - Als Sie Nun Den Konig Gehoret Hatten]
  6. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:6.Choral - Ich Steh' An Deiner Krippen Hier]
  7. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:7.Recitativo (Evangelist) - Und Gott Befahl Ihnen Im Traum]
  8. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:8.Recitativo (Tenor) - So Geht! Genug, Mein Schatz Geht Nicht Von Hier]
  9. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:9.Aria (Tenor) - Nun Mogt Ihr Stolzen Feinde Schrecken]
  10. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:10.Recitativo (Soprano, Alto, Tenor, Basso) - Was Will Der Holle Schrecken Nun]
  11. J.S.Bach:Christmas Oratorio, BWV 248 [Part6:11.Choral - Nun Seid Ihr Wohl Gerochen]

実質的には6つの教会カンタータを一つにまとめたもの




バッハがライプティッヒに移ってから11年目に当たる1734年に作曲された作品だと言われています。形式的には全体が6つの部分からなるオラトリオと言うことなのですが、実質的には6つの教会カンタータを一つにまとめたものです。ですから、この作品は全体を通して演奏することにはあまり大きな意味はなく、むしろ6つの部分を別々に演奏した方が筋が通っていると言われています。
実際、この作品の初演においても全体を通して演奏するのではなくて、1734年のクリスマスの日から翌年の1月6日にかけて6回に分けて演奏されています。


  1. 第1部 降誕節第1祝日用「いざ祝え、この良き日を」:1734年12月25日初演

  2. 第2部 降誕節第2祝日用「この地に野宿して」:1734年12月26日初演

  3. 第3部 降誕節第3祝日用「天の統治者よ、この歌声を聞け」:1734年12月27日初演

  4. 第4部 イエス御名の祝日「感動と賛美にひれふさん」:1735年1月1日初演

  5. 第5部 新年第1日曜日「神にみ栄えあれ」:1735年1月2日初演

  6. 第6部 顕現節「主よ、おごれる敵の迫り来る時」:1735年1月6日初演



オラトリオというタイトルはついていても、全体として一つのストーリーを持っているわけではないので、このスタイルが本来のものと言えるようです。

第6部 顕現節「主よ、おごれる敵の迫り来る時」



東方の博士たちは厩に憩う御子を探しあてその誕生を祝った出来事を語ってこのオラトリオは締めくくられます。


  1. 第54曲 合唱「主よ、勝ち誇れる敵どもの息まくとき」
    合唱によって「主よ、誇らしげな敵どもが息巻く時は、私たちに堅き信仰の内にあなたのお力と救いを見せてください」と歌い出されるフーガ風の堂々とした楽曲です。この堂々とした雰囲気が第6部全体の雰囲気を決定づけています。

  2. 第55曲 レチタティーヴォ「ここにヘロデひそかに博士らを招きて」
    テノールが「さてヘロデは密かに博士らを招いて、彼らから念入りに聞き出した」と状況を説明すると、バスが「そこに行き幼な子のことをよく尋ね、そしてその子を見付けたならば、私に再び教えてくれ。私も行ってその子を拝みたいから」というヘロデ王の言葉を語ります。

  3. 第56曲 レチタティーヴォ「汝偽り者よ、思うがままに主を倒さんとうかがい」
    ソプラノが「偽り者なるお前、ただ主を倒そうと機会を探り、あらゆる偽りの計略を用いて救い主を狙うがよい」と、ヘロデ王の事を裏切り者と呼びかけます。

  4. 第57曲 アリア「その御手のひとふりは」
    ソプラノが「彼の御手の合図ひとつ無力な人々の勢いを殺いでしまう」と、人の力の脆さを歌います。

  5. 第58曲 レチタティーヴォ「彼ら王の言葉を聞きて」
    テノールによって「彼らは王の言葉を聞いて目的地に向かい始めた。すると、先に東の国で見た星が、彼らに先立って行き、彼らが着くまで幼な子の居る所の上に留った」と、星に導かれて御子を捜し出した経緯が語られます。

  6. 第59曲 コラール「われらはここ馬槽のかたえ汝がみ側に立つ」
    「私はここ、あなたの眠る飼馬槽の傍らに立ちます、おお幼な子イエス、私の生命よ。私が来て、あなたにもたらし贈るのは、あなたが私に与えてくださった物です」と歌い出されるコラール。

  7. 第60曲 レチタティーヴォ「ここに神、夢にて」
    テノールが「そして神は彼らに夢の中でヘロデの元に引き返すことのないように導いたので、彼らは他の道を通って自分の国へと戻った」と、神のお告げによって博士たちがヘロデ王の元に帰らなかった経緯を語ります。

  8. 第61曲 レチタティーヴォ「さらば行けよ!足れり、わが宝ここより去らずば」
    テノールによって「さらば行け!?私は満足だ。私の宝がここから去ることがなければ。彼は私の傍らにとどまり、私もまた彼を放すことはない」と歌い出される劇的なレチタティーヴォです。

  9. 第62曲 アリア「さらば汝ら、勝ち誇れる敵ども、脅せかし」
    テノールにって「今やお前ら奢る敵どもは怯えるが、それが私にどんな恐れを呼びさまさせるか」と歌い出される劇的なアリアです。

  10. 第63曲 レチタティーヴォ「陰府の恐れ、今は何するものぞ?」
    テノール・バス・ソプラノ・アルトの4重唱によって「地獄の恐れも今や何ものでもなく、世も罪も我らには何ものでもない。私たちはイエスの御手の中で安らぐから」と、イエスの手の内にある以上は何ものも恐れる必要のないことが歌われます。

  11. 第64曲 コラール「今や汝らの神の報復はいみじくも遂げられたり」
    「今やあなた方は見事に報復をなした、あなた方の敵の軍勢に。キリストは打ち破りたもうた、あなた方に敵対する者どもを。死、悪魔、罪と地獄はすっかり力を弱められた。そして神の傍らに居場所を得た、人類は。」と歌われるコラールによってこの壮大なクリスマス・オラトリオは締めくくられます。



リヒターにしては明るく祝典的な雰囲気が漂う演奏に仕上がっている。

リヒターのバッハと言えば真っ先に思い浮かぶのは1957年に録音された「マタイ受難曲」です。そこでのリヒターはこの上もない厳格さで厳しく、峻烈なバッハの姿を描き出しました。そして、そう言うバッハの姿はそれに続く「ロ短調ミサ」でも変わることはありませんでした。そして、そう言うバッハの姿は管弦楽組曲のような作品でも変わることはなく、鋭い響きで輪郭線がクッキリと浮かび上がらせていくリヒターのスタイルによって「バッハとは厳しいものだ」という刷り込みが出来上がってしまったのでした。
私がオリジナル楽器による演奏にどうしてもなじめなかったのは、このような刷り込みが原因だったのかもしれません。あの青白く病気のような響きで弱々しく演奏されるバッハには最後まで納得することができませんでした。

そして、そこまで彼の演奏が私を惹きつけた背景には何時までも無名時代の良き意味でのアマチュア精神が息づいていたからかもしれません。そこには、常にある種のひたむきさと清冽さが感じられたからです。
しかし、この65年に録音された「クリスマス・オラトリオ」はそう言うかつてのリヒターの演奏とは少しばかり異なった雰囲気が漂っているように聞こえます。
もちろん、キリストの受難を題材とした「マタイ」と、キリストの誕生を題材とした「クリスマス・オラトリオ」では同じ雰囲気になるはずはありません。片方は悲劇であり、片方は祝典なのですから。しかしながら、キリスト教神学においては、キリストはこの世の中にもっとも力弱いものとして生まれました。その背景には、この世の中を救うのは力強きものではなくて、もっとも力弱きものだという考えがあります。第5部の最後に歌われる「確かにそのような心の部屋は、美しき王侯の間ではなく、暗き穴ぐらである。しかし、あなたの恵みの光がわずかに差し込むや否や、それは太陽に満たされたかと思われる」という歌詞はそう言うキリスト教の根っこにあるものをよくあらわしています。

さらに言えば、このバッハの作品を辿るだけでも、キリストの誕生は喜ばれるだけでなく、権力の地位にあるものを恐れさせたことも分かってくるのです。つまりは、キリストの誕生を描くクリスマス・オラトリオは必ずしも祝典一色の音楽ではないのです。ですから、そこにはリヒター流の厳しいバッハが入り込む余地はいくらでもあるように思うのですが、そう言うかつてのリヒターの姿は後退しています。
もちろん、それはいいとか悪いとか言う話ではなくて、おそらくは彼の中にあったアマチュア精神が次第にプロの音楽家としての立ち位置へと変わっていったことのあらわれかもしれません。ですから、かつての厳しさ一辺倒のバッハよりは、このような明るさに満ちたバッハの方を好む人がいても怪しむものではありません。

それからもう一つ、福音史家を担当したフリッツ・ヴンダーリヒについてふれておく必要があるでしょう。
振り返ってみれば、彼がそのキャリアの頂点とも言うべき次期に不幸な事故によって亡くなってから半世紀以上もの時間が経過してしまいました。しかし、今もなお彼を越えるリリック・テナーは現れていないとまで言われる伝説的な存在でもあります。そう言う伝説のテノールの最良の姿の一つがここに刻み込まれていたというのは、後世のものにとってはこの上もない幸運でした。
さらに言えば、ソプラノにはグンドゥラ・ヤノヴィッツ、アルトにはクリスタ・ルートヴィヒという、素晴らしいビッグネームが結集したという意味でも、これは貴重な記録と言えます。