クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



FLAC データベース>>>Top

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 第3幕


ヨーゼフ・カイルベルト指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン市立歌劇場合唱団 (S)エリーザベト・グリュンマー (S)リーザ・オットー (T)ルドルフ・ショック (Br)ヘルマン・プライ (Bass)カール・クリスティアン・コーン (Bass)ゴットロープ・フリック、他 1958年4月~5月録音をダウンロード

  1. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [1.Entr'acte]
  2. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [2.Dialogue]
  3. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [3.Cavatina. Und ob die Wolke sie verhulle]
  4. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [4.Dialogue]
  5. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [5.Romance and Aria. Einst traumte meiner sel'gen Base... Trube Augen]
  6. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [6.Dialogue]
  7. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [7.Chorus. Wir winden dir den Jungfernkranz]
  8. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [8.Dialogue and Transition]
  9. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [9.Huntsmen's Chorus. Was gleicht wohl auf Erden dem Jagervergnugen-]
  10. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [10.Dialogue]
  11. Weber:Der Freischutz, Op.77 Act 3 [11. Finale 3. Schaut, o schaut! Er traf die eigne Braut!]

「ドイツ語によるドイツ人によるドイツ人のための」オペラの第1号



「魔弾の射手」は「ドイツ語によるドイツ人によるドイツ人のための」の第1号とも言うべきオペラだと言われます。それは、アダージョで始まる序曲が、その緩やかな序奏の後に4本のホルンが悠然とテーマを奏じる時に、舞台が一瞬にして深いゲルマンの森へと変容していくのを聞けば誰もがその事を納得するはずです。
確かに、モーツァルトは「魔笛」においてドイツ語によるオペラ創作の先鞭をつけました。そして、ベートーベンもまたドイツ語によって「フィデリオ」を作曲しています。
しかし、モーツァルトの本質はコスモポリタンであり、ベートーベンにとってオペラはどうにも相性のいいとはいえないジャンルでした。それ故にそれらの作品はオペラの世界において「ドイツ語のオペラ」という居場所は作ったものの、それが「ドイツ的なオペラ」かと問われれば疑問が残らざるを得ないのです。

「魔笛」の舞台は国籍不明であり、「フィデリオ」の舞台はスペインでした。
それに対して、ウェーバーはドイツ語によるオペラと言うだけでなく、舞台をボヘミヤ(当時はドイツの一部だった)の森に設定し、登場人物もそこに暮らす「森の民」である狩人たちとしたのでした。ウェーバーはそう言う深い森と谷を舞台に設定をして、そこで繰り広げられるドイツの民衆の素朴な活力と神秘的なゲルマンの世界を共存させたのでした。

そして、それをより効果的なものにしたのは、古典派の時代から新しい時代を切り開く一つの契機ともなったオーケストレーションの革命でした。
その最大の貢献は画期的な管楽器の使用であり、それまでは弦楽器を主体としてオーケストラに彩りをそえるだけの存在だった管楽器に主役の座を与えたことでした。その典型的な例が序曲における4本のホルンが奏でるテーマでした。おそらく、あの響きをなくしてこのオペは成功しなかったはずです。
さらに、弦楽器群にも今までにない響きが探求され、それが例えば狼谷の不気味な雰囲気を作りあげる上で大きな効果を発揮しているのです。

このウェーバーが作りあげた色彩豊かなオーケストレーションが、彼に続くメンデルスゾーンやワーグナーに引き継がれていったことは言うまでもありません。

さらに、もう一つ指摘しておく必要があるのは、このオペラにおいてウェーバーが合唱に大きな役割を与えたことです。それはプロテスタントの伝統が背後にあるのでしょうが、時にはアリアに匹敵するだけの存在感を示すようになったのです。
それ故に、「魔弾の射手」に対してワーグナーが次のように讃辞を多くっています。

「ウェーバーはイギリスにおいてもフランスにおいても尊敬を受けるのであろうが、ドイツにおいてのみ愛されるのである。」
まさに「魔弾の射手」こそはドイツ的オペラの嚆矢となったのでした。

主な登場人物




  1. マックス(T):若い猟師で射撃の名手だが何故か調子を落としている。アガーテのことを恋い慕っていて彼女のためなら何をも犠牲にする一途さを持っている。

  2. アガーテ(S):森林保護官クーノーの娘でマックスの恋人。

  3. カスパール(Bass):若い猟師でかつてはマックスの同僚でありライバルだった。しかし、今は悪魔ザミエルに魂を売っている。

  4. クーノー(Bass):森林保護官でアガーテの父。

  5. エンヒェン(S):アガーテの従姉妹である若い娘。

  6. オットカール侯爵(Br):昔気質のいささか頭の硬いボヘミアの領主。

  7. 隠者(Bass):多くの人々から尊敬を受けている修行者

  8. キリアン(Br):裕福な農民。

  9. ザミエル:狩猟の悪魔。


1.Entr'acte[間奏曲]


射撃大会当日の華やかさを示す音楽で、ホルンによる「狩人の合唱」のテーマが印象的です

第1場



  1. 2.Dialogue[ダイアローグ]
    第1場はマックスとガスパール、そして狩人たちの台詞だけです。



第2場


アガーテの祈りのアリア

  1. 3.Cavatina. Und ob die Wolke sie verhulle[たとえ雲が太陽を覆っても(カヴァティーネ)]
    アガーテによるカヴァティーナ(反復を伴わない短いアリア)で、「たとえ雲が太陽を覆っても、御空の高みに陽は永遠に。盲目なる偶然の仕業にはあらず万世を統べるは、聖なる御心!」と美しく歌い上げます。



第3場


エンヒェンによるロマンツェとアリアで、陽気で活発な彼女の特徴が生真面目なアガーテとは好対照を示します

  1. 4.Dialogue[ダイアローグ]

  2. 5.Romance and Aria. Einst traumte meiner sel'gen Base... Trube Augen[昔亡くなった伯母が夢を見たの(ロマンツェとアリア)]
    初演時にエンヒェンを演じたヨハンナ・オイリーケの要望で挿入されたアリアだそうです。
    静かなアガーテに対する陽気で活発なエンヒェンの性格を際だたせています。ただし、歌われる内容は「お化けに襲われる夢を見て飛び起きたら、そこには番犬のネロがいた」という他愛ないものです。

  3. 6.Dialogue[ダイアローグ]
    そして「だけど花嫁には涙は似合わないのよ!曇った目はね、可愛い子ちゃま、清らかな花嫁にはだめなのよ」とアガーテをからかいながらも励まします。



第4場


花嫁のための付添の娘たちが集まってくる

  1. 7.Chorus. Wir winden dir den Jungfernkranz[花嫁の花冠を編みましょう(合唱)]
    花嫁の付添の娘たちによる合唱で「すみれ色の絹のリボンで花嫁の花冠を編みましょう。編むのはあなたの処女の冠り、たわむれに踊りに、あなたを誘う幸せと愛の喜びに!」と歌います。



第5場


婚礼の花冠が葬儀用のものだったか事に気づき騒ぎが広がります

  1. 8.Dialogue and Transition[ダイアローグと場面の移行]
    アガーテに届けられた婚礼用の花冠が不吉な葬儀用のものだったことに皆が驚き騒ぎ出します。
    しかし、アガーテは森の隠者から白いバラをもらったことを伝えると、その白いバラで髪を飾ることにします。
    「これは、ひょっとすると天のお導きかもしれない。あの敬虔な修行者が、私に白いバラの花を呉れたときに、あんなに真剣に言ったわ、これで花嫁の冠を編むようにって!」



第6場


「狩人の合唱」から天に感謝する最後の合唱まで物語は一気に進んで大団円を迎えます。

  1. 9.Huntsmen's Chorus. Was gleicht wohl auf Erden dem Jagervergnugen-[この世の中で狩りほど楽しいものがあるだろうか(狩人の合唱)]
    このオペラの中でもっとも有名な場面と言えます。
    「世の中にゃ、狩ほど楽しいものはない。命の杯、誰がため、此れほどまでに満ち溢る」と歌い出され、最後は「ラ・ラ・ラ」とかけ声だけになります。

  2. 10.Dialogue[ダイアローグ]
    領主オットカールの命でマックスが最後の魔弾によって白鳩を撃とうとしたときにアガーテが「撃たないで!その鳩は私よ!」と叫びます。
    しかし、弾は放たれアガーテは倒れます。

  3. 11. Finale 3. Schaut, o schaut! Er traf die eigne Braut![見ろ!おー、見ろ!あいつは自分の花嫁を撃ったぞ!]
    「あいつは自分の花嫁を撃ったぞ!」と合唱がその残酷な運命を嘆きます。
    しかし、隠者の力によってアガーテは魔弾から守られ、その魔弾はガスパールを撃ったのでした。
    魔弾に撃たれて木から落ちたガスパールは「ザミエル!お前、もうここに? 俺との約束をこんな風に果たしてくれたのか?」と天を呪いながら息を引き取ります。
    思わぬ事態に驚いた領主のオットカールは事の次第をマックスに問い糾し、マックスも「魔弾」を使ったこと告白します。そして、魔弾を使ったマックスへのオットカールによる永久追放と、隠者による取りなしによってドラマは終結へと向かいます。
    正義に背かぬというマックスの誓いとアガーテの感謝、オットカールの赦し、エンヒェンの喜び、クーノーのいましめの歌などが絡み合って最後は天に感謝する壮麗な合唱によって幕が閉じます。



骨太の音楽だけでなく、ゲルマンの深い森の中で繰り広げられる幻想的な味わいもしっかりと前面に押し出している

「ドイツ的」という言葉は便利な言葉で、取りあえずは独襖系の音楽家の作品や演奏に対してその言葉を奉っておけば何となく分かったような気になります。しかしながら、そこからもう一歩突っ込んでその「ドイツ的」なるものの正体を言語化してみようとすると、実は何も分かっていなかったことに気づかされたりします。
しかしながら、そこでもう一踏ん張りして考えをめぐらせてみるならば、そこには二つの側面があるように思われます。

一つは極めて勤勉で論理的だという側面です。
おそらく、この「ドイツ的資質」こそが二つの世界大戦で徹底的な敗北を喫しながら、それでも奇蹟の復興を遂げて、今やEUの盟主とも言うべき地位を築き上げた要因でしょう。
そして、もう一つ、これとは相反するように見えながら、夢や理想を追いかけるロマンチストであり、ファンタジー豊かで豪放磊落だと言うのもまた「ドイツ的」なるもののもう一つの側面です。

この二つの側面をクラシック音楽という世界においてみるならば、極めて強固な論理に裏打ちされた基盤を持ちながら、その基盤の上で伸びやかに夢や理想を追いかけて、思う存分にファンタジーを羽ばたかせているような音楽こそが「ドイツ的」だと言うことになるのでしょうか。そして、そう言う存在として真っ先に思い浮かぶのがフルトヴェングラーです。
おそらく、彼ほどにこの二つの側面がバランス良く高いレベルで共存していた音楽家はいなかったのではないかと思われます。

そして、そう言うフルトヴェングラーによる「魔弾の射手(54年ライブ録音)」は明らかにそのロマン主義的側面が色濃くあふれ出した演奏だったように思うのですが、それが必ずしも恣意的にならないのはもう一つの盤石の基盤がフレームとなっているからでしょう。
振り返ってみれば、こういうフルトヴェングラー流の重厚であると同時に幻想的な「魔弾の射手」というのは他ではほとんど聞くことができないことに気づくのです。そして、その数少ない例外の一つがこのカイルベルト盤かもしれないのです。
そこでは、「勤勉で論理的だという側面」が生み出す骨太の音楽だけでなく、ゲルマンの深い森の中で繰り広げられる幻想的な味わいもしっかりと前面に押し出されているのです。

そして、何よりも嬉しいのは、どういう経緯があったのかは分からないのですが、オーケストラがベルリンフィルだと言うことです。当時はレーベルと演奏家の専属契約は絶対ですから、よほどの裏技を駆使しないとこの組み合わせは実現しなかったと思うのですが、結果としてはこの演奏がフルトヴェングラーの香りを漂わせる重要な要因となっていることは確かです。
調べてみると、1959年にEMIからリリースされ、翌60年には東ドイツのレーベルであるETERNAからりリースされています。おそらくは、この二つのレーベルのバーターだったのかもしれません。

また、ここに起用されている歌手陣もなかなかに豪華です。
主な配役は以下の通りです。

  1. マックス:(T)ルドルフ・ショック(Rudolf Schock)

  2. アガーテ:(S)エリーザベト・グリュンマー(Elisabeth Grummer)

  3. カスパール:(Bass)カール・クリスティアン・ケーン(Karl Christian Kohn)

  4. クーノー:(Bass)エルンスト・ヴィーマン(Ernst Wiemann)

  5. エンヒェン:(S)リサ・オットー(Lisa Otto)

  6. オットカール侯爵:(Br)ヘルマン・プライ(Hermann Prey)

  7. 隠者:(Bass)ゴットロープ・フリック(Gottlob Frick)

  8. キリアン:(Br)ヴィルヘルム・ヴァルター・ディックス(Wilhelm Walter Dicks)

  9. ザミエル:(ナレーター)フィリッツ・ホッペ(Fritz Hoppe)


これ以外に4人の乙女として、(S)レオノーレ・キルシュシュタイン(Leonore Kirschstein)、(S)ヘルガ・ヒルデブラント(Helga Hildebrand)、(A)マリア・フリーデルン(Maria Friederun)、(A)ヘルタ・マリア・シュミット(Herta Maria Schmidt)が起用され、それ以外に台詞を担当する役者としてヴォルフガング・アイフベルガー(Wolfgang Eichberger)とハインツ・ギーゼ(Heinz Giese)が起用されています。

ここで注目すべきはアガーテ役の「エリーザベト・グリュンマー」です。その存在はある種の歴史的遺産としての価値を持っているともいえるのでしょうが、裏返せばいささか古いスタイルだと言うことにもなります。それは、クライバー盤によってヤノヴィッツが築き上げたお人形さんのようなアガーテとは随分と隔たっています。
それは、もう一人のソプラノ役である「リサ・オットー」にもあてはまります。
この「エンヒェン」という役はいわゆる「愛想がよいものの抜け目のない少女」を意味する「スプレット(Soubrette)」系の役なのですが、アガーテ役のグリュンマーと同じように、いささか立派で堂々としすぎているかもしれません。

それからマックス役の「ルドルフ・ショック」はリリックからスタートしてドラマティックなスタイルに変化していったテノールなので、その両方の性格が求められるこの役にはピッタリだったかもしれません。彼もまた、グリュンマー、オットーらと並んで一時代を築いた名歌手です。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)